のんびり独り言

アクセスカウンタ

zoom RSS もう七草

<<   作成日時 : 2007/01/07 23:17   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 6

今年は出来るだけブログを続けようと・・・・・思いつつ
昨日今日白虎隊のテレビを見つつ一昨年飯盛山へ行き鶴ヶ城が燃えていると思い自決した白虎隊の最後の様子をきき涙が出てきたことを思い出しています
画像

    鶴ヶ城は別名烏城と言う黒い壁のおしろであった
画像

    お城の芝生では剣道の試合があり大人たち少年たちの試合・・・・・ 
    この少年は次に試合の練習をしている所を写しました
    
    さすが会津藩・・・・お城では剣道・詩吟・・・・・・菊の展示があった

涙ながら見た白虎隊の自決した飯盛山のことを思い出して・・・・・    

月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(6件)

内 容 ニックネーム/日時
昨年、会津へ行って飯盛山へ登ってこらたのですか?会津藩が京都守護職を命じられなったら、こんな悲劇もなかったでしょう。京都招魂社(靖国神社の前身)には会津藩の戦死者は祭られなかったので、ある侠客の義侠心から黒谷に祭られたことや、最近の小泉靖国参拝に対する中国の態度を考えると、靖国神社は時の政府の政策として設立されたもので、宗教的な信仰の対象ではないと思います。
世話役
2007/01/08 10:44
私も二日続けてテレビを見ました。

昔々に大映の映画館で”白虎隊”をみて涙を流したのを
今も強烈に覚えています。
市川雷蔵のレビュー作でもありまして、それから大フアンになりました。
そんな事から尚思い出深いのでしょう。
戦の惨さを世界中の人々がもっと深刻に考えてくれる世の中を望みます。
jun
2007/01/08 11:59
世話役さんjunさんコメント有り難うございます。

飯盛山へ行ったのは一昨年の11月でした。鶴ヶ城では会津の少年たちだなあと思いつつ写真を撮ったのを思い出しました

WPCで一心寺へ行った時会津藩の墓碑がありその時会津は賊軍だからと戊辰戦争後捨て置かれていたのを一心寺で墓碑を建てたと聞きました。

明治維新でも勤皇党のみ目を向けがちですがそれぞれの藩武士などにも思いを寄せたいと思っているのです、何時の時代でも政策として作られた記述書
がありますね、歴史はたどると興味が湧いてきます。
ララリ〜
2007/01/08 14:40
ララリーさん、鶴ヶ城は行ったことがありませんが、すごい立派なお城ですね。白虎隊の物語何度聞いても可哀想ですね。お城と剣道の写真は見事な絵になっていますね。私の息子も剣道で国体まで出場しまして高校のときに無理に私が剣道父兄会長をさせられたことなど思い出しました。
彦左
2007/01/09 18:54
息子さんが剣道をなさり剣道父兄会長をおやりになって国体に出場とは素晴らしいことですね。

剣道は礼に始まり礼に終ると聞いています。今はその礼儀がわすれられて恥を知らない世の中になったようですね。私は剣道の姿に惹かれます。

コメント有り難うございました。
ララリ〜
2007/01/12 22:49
お辛い年末年始、しかしお元気なご様子で安心致しました。
実家の隣が映画館だったので、子供の頃から時代劇良くみました。
子供の頃は、さほど感じ得なかった事柄も、年を重ねるごとに、
戦いの悲惨若者の心情趣深く心が痛みます。 男たちの大和や硫黄島からの・・だってそうです。

ブログ、発信の場所があるから周りのものにもいっそう興味関心が沸きますでしょ。
記録ですし、写真も楽しくなります。 私は今年はぼちぼち・・でも閉じないで楽しむつもりです。
子供たちとの交流でもあります。 やがて曾孫さんもララリ〜さんのブログご覧になられますよ。
私も婿さんも嫁さんも娘も・・お互いの日常が分かりお互いお安心にもなっています。
がんばりましょう!
みく
2007/01/13 11:37

コメントする help

ニックネーム
本 文
もう七草 のんびり独り言/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる